ご利用案内のアイコン

ご利用案内

開館時間 午前9時から午後 9時30分まで
受付時間 午前9時から午後8時まで
休館⽇ 毎週⽉曜⽇、年末年始(12⽉29⽇から1⽉3⽇まで)
利⽤の申込時期 【市⺠会館】
利⽤⽇の属する⽉の12ヶ⽉前の⽉の1⽇から利⽤⽇の10⽇前まで受付します。
(リハーサル室単独利⽤は、3ヶ⽉前の⽉の1⽇から受付します。)
【公⺠館】
利⽤⽇の属する⽉の6ヶ⽉前の⽉の1⽇から受付します。
利⽤の申込⽅法 毎⽉1⽇の受付開始⽇のみ当館にて午前9時から抽選会を⾏います。
(抽選会に参加して申し込みをされる場合は、使⽤料⾦の⽀払が必要となります。仮予約はできません。)
仮予約は、1⽇の午後1時からになります。
その他、抽選後の予約は随時受付します。
※受付初⽇の1⽇が休館⽇と重なったときは、翌⽇が受付開始⽇になります。
利⽤の申込場所
(オンライン受付施設)
下記市内オンライン窓⼝にて受付ができます。
市⺠会館、中部公⺠館、勤労センター、⻘年の家、まなび創造館(ラピオ5F) 、東部・北⾥・味岡市⺠センター、パークアリーナ⼩牧、桃花台センター、⽂化・スポーツ課、⻄部コミュニティーセンター、南部コミュニティーセンター
(施設によリ休館⽇等が異なリますのでご注意ください。)
施設・附属設備
使⽤料
使⽤料は、前納制です。
(市⺠会館は利⽤⽇の10⽇前まで、公⺠館は7⽇前までに必ずお⽀払いください。)
使⽤料のお⽀払い後、利⽤許可書を発⾏します。
利⽤の変更
及び取消
利⽤許可書の発⾏後(使⽤料の⽀払後)内容等の変更及び取消が⽣じたときは、速やかに⼿続をしてください。変更⼿続は1回のみです。
(※市⺠会館は利⽤⽇の10⽇前、公⺠館は利⽤⽇の7⽇前までに必ず⼿続をしてください。)
利⽤者よリ変更及び取消の申請があった場合は、定めた額をお返しいたします。
市民会館 利用日 30⽇前まで 20⽇前まで 10⽇前まで
還付率 90% 70% 10%
公民館 利用日 30⽇前まで 20⽇前まで 3⽇前まで
還付率 90% 70% 10%
変更及び取消に伴う使⽤料の払い戻し⾦(還付⾦)は、銀⾏振込となりますので、⼝座の登録が必要です。
⼿続の際に、⼝座確認のできる物をお持ちください。
市民会館
公民館

施設使⽤料

単位:円

室名 定員等 面積等 午前 午後 夜間 全日
9時

12時
13時00分

16時30分
17時30分

21時30分
9時

21時30分
大ホール 1,334名
1階席972名
2階席362名
平日 17,600 26,400 35,200 70,400
土曜日 17,600 35,200 42,900 86,900
日曜日・休日 23,100 35,200 42,900 92,400
楽屋1·2号室 各10名 各10畳 1,210 1,210 1,210 3,630
楽屋3·4号室 各6名 各7.5畳 770 770 770 2,310
楽屋5号室 30名 51㎡ 1,760 1,760 1,760 5,280
楽屋6号室 10名 19㎡ 1,210 1,210 1,210 3,630
リハーサル室1 10名 44㎡ 1,540 1,540 1,540 4,620
リハーサル室2 40名 130㎡ 4,950 4,950 4,950 14,850

【備考】

  1. この表において「休日」とは、国⺠の祝⽇に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休⽇をいいます。
  2. ⼊場料若しくはこれに類するものを徴収するとき、100パーセント相当額を使⽤料に加算した額とします。
    ただし、準備・練習等のために利⽤する当該利⽤単位については、この限りではありません。
  3. ⼊場料⼜はこれに類するものを徴収せずに商業的な宣伝等に利⽤するときは、使⽤料の100パーセント相当額を加算した額とします。
    ただし、準備・練習等のために利⽤する当該利⽤単位については、この限りではありません。
  4. 申請者は、その団体の事務所⼜は、活動拠点がある住所によります。
  5. 気象警報発令時は、施設の利用を制限させていただくことがあります。
    ※気象庁から緊急地震速報が発表(小牧市において震度4以上の地震が推定)されると、館内一斉に放送が流れます。公演の妨げになりますが、緊急自動放送のため停止できません。予めご了承ください。

附属設備使用料

下記単位使⽤料は、午前・午後・夜間をそれぞれ⼀回となります。

単位:円

ホール附属設備 単位 使用料 備考
演台(大・小) 1台 770・330
花台・指揮者台 1台 各110 譜面台付
金銀びょうぶ 1双 770
平台 1枚 110
音響反射板 1式 5,500
毛せん・上敷 1枚 各110
迫り 1式 770
所作台 1式 3,410
松羽目 1式 1,100
大太鼓 1式 440 台·バチ付
机・譜面台 1台 各50
イス 1脚 10
オーケストラピット 1式 3,960
ボーダーライト 1列 770
サスペンションライト 1列 1,100
フットライト 1列 550
ランプピンスポットライト 1台 770
シーリングスポットライト 1列 1,100
アッパー・ホリゾントライト 1列 770
フロントスポットライト 1式 1,100
ロアー・ホリゾントライト 1式 770
クセノンランプピンスポットライト 1台 1,430
コンセント 1穴 160
スポットライト 1台 220
効果機 1台 770
客席ライト 1式 1,100
花道フットライト 1列 330
トーメンタルタワーライト 1式 770
トーメンタルライト 1式 770
拡声装置ー式 1式 2,200 有線マイク2本付
ワイヤレスマイク装置 1ch 1,980 マイク1本付
ダイナミックマイクロホン 1本 550
コンデンンサーマイクロホン 1本 770
カセットテープレコーダー 1台 990
ピアノ(スタインウェイ) 1台 8,800 調律料は除く
ピアノ(ヤマハ) 1台 4,400 調律料は除く
ピアノ(リハーサル室) 1台 1,100 調律料は除く
エレベーターマイクロホン 1台 880 マイク1本付
CDプレーヤー 1台 990
MDプレーヤー 1台 990
映写機(16ミリ) 1台 2,200 スクリーン付
映写スクリーン 1式 1,100
スライド 1台 1,100 スクリーン付

施設使⽤料

単位:円

室名 定員等 面積等 午前 午後 夜間 全日
9時

12時
13時00分

16時30分
17時30分

21時30分
9時

21時30分
2階 講堂 机付180名
椅子のみ
360名
平日 5,500 6,600 11,000 19,800
土曜日 5,500 8,250 13,200 24,200
日曜日・休日 66,00 8,250 13,200 26,400
2階 展示場 140㎡
42坪
平日 展示場料金は、
全日単位のみです。
7,700
土曜日 12,100
日曜日・休日 15,400
1階 学習室1の1 12名 25㎡ 330 440 550 1,210
1階 学習室1の2 12名 25㎡ 330 440 550 1,210
1階 音楽スタジオ 50名 110㎡ 9時30分より2時間刻みで各880
2階 和室 20名 12畳 1,100 1,430 1,760 4,070
2階 茶室 6名 6畳 880 1,100 1,430 3,300
2階 学習室2の1 18名 39㎡ 550 770 1,100 2,200
3階 料理教室※ 30名 調理台4台 2,170 1,680 2,170 6,020
3階 学習室3の1 28名 50㎡ 770 880 1,320 2,640
3階 学習室3の2 60名 104㎡ 1,320 1,760 2,200 4,840
4階 学習室4の1 8名 18㎡ 220 330 440 880
4階 学習室4の2 8名 18㎡ 220 330 440 880
4階 学習室4の3 18名 36㎡ 550 770 1,100 2,200
4階 学習室4の4 30名 50㎡ 770 880 1,320 2,640
4階 視聴覚室 61名 108㎡ 1,540 1,980 2,640 5,610
4階 創作室 35名 78㎡ 1,100 1,320 1,760 3,740

料理教室の利用時間は、「午前」9時から13時、「午後」13時30分から16時30分まで

【備考】

  1. この表において「休日」とは、国⺠の祝⽇に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休⽇をいいます。
  2. ⼊場料若しくはこれに類するものを徴収するとき、公⺠館については200パーセント相当額を使⽤料に加算した額とします。
    ただし、準備・練習等のために利⽤する当該利⽤単位については、この限りではありません。
  3. ⼊場料⼜はこれに類するものを徴収せずに商業的な宣伝等に利⽤するときは、使⽤料の100パーセント相当額を加算した額とします。
    ただし、準備・練習等のために利⽤する当該利⽤単位については、この限りではありません。
  4. 販売等営業⽬的利⽤時は、使⽤料の200パーセント相当額を加算した額とします。ただし、利用できるのは公⺠館の展⽰場のみで市内の業者に限ります。
  5. 市外利⽤のときは、使⽤料の100パーセント相当額を加算した額とします。
  6. 申請者は、その団体の事務所⼜は、活動拠点がある住所によります。

附属設備使用料

下記単位使⽤料は、午前・午後・夜間をそれぞれ⼀回とし、全日の場合を3回とします。
但し、⾳楽スタジオでの使⽤に関しては、⼆時間で⼀回となります。

単位:円

講堂附属設備 単位 使用料 備考
演台 1台 750
花台 1台 110
金びょうぶ 1双 550
平台 1枚 110
毛せん 1枚 110
譜面台 1台 50
ボーダーライト 1列 330
サスペンションライト 1列 440
フットライト 1列 330
ランプピンスポットライト 1台 770
シーリングスポットライト 1列 440
ホリゾントライト 1列 330
サイドフロントライト 1式 330
スポットライト 1台 220
効果機 1台 550
拡声装置ー式 1式 1,100 有線マイク2本付
ワイヤレスマイク装置 1ch 1,980 マイク1本
マイクロホン 1本 330
カセットテープレコーダー 1台 660
ピアノ 1台 2,750 調律料は除く
映写機(16ミリ) 1台 1,100 スクリーン付
CDプレーヤー 1台 660
MDプレーヤー 1台 660
その他附属設備 単位 使用料 備考
茶道用具 1式 550
コンセント 1穴 160
携帯用拡声装置 1式 1,100 ワイヤレスマイク2本付
視聴覚装置(視聴覚室) 1式 2,200
アップライトピアノ(音楽スタジオ) 1台 1,100 調律料は除く
ビデオプロジェクター 1式 1,100 スクリーン付
OHP 1台 1,100 スクリーン付

ご利用にあたってのお願い

利⽤内容の打合せ
会館の下⾒について
  • ホール又は講堂を利用される方は、当⽇の準備と進⾏を円滑に⾏うため、利⽤⽇の10⽇前までに、プログラム・スケジュール表等を持参の上、会館職員との打合せをお願いします。
  • 下⾒、打合せの⽇程につきましては、事前にお問合せください。
  • スケジュールに不具合がある場合は、変更していただきますので、ご理解ください。
物品の展⽰
販売について
  • 事前に許可が必要になります。必ず事前に会館職員までお知らせください。
掲⽰物について
  • 案内およびポスター等の、館内壁⾯・扉への掲⽰は禁⽌です。指定の掲⽰板をご利⽤ください。
  • 掲⽰の際、クラフトテープおよび粘着の強⼒な物の使⽤は禁⽌です。
  • ホール・講堂の各種掲⽰板・看板の⼨法は会館までお尋ねください。
駐⾞場について
  • 駐⾞場の事故防⽌に万全をはかるため、混雑状態を考慮し、
    必要に応じて警備員の配置をお願いします。
  • 駐車可能台数は、399台です。台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
  • 敷地内の事故等に関しましては、⼀切の責任を負い兼ねますので、予めご了承ください。
道具 ・ 機材等の
搬⼊ ・ 搬出について
  • 搬⼊、搬出については、必ず利⽤時間内にお願いします。
  • 運送業者を利⽤される場合も、利⽤時間内に機材等が到着するよう時間指定をお願いします。
  • 会館での物品の保管、利⽤時間外の物品の受け取り、保管は⾏っておりません。
⾮常時の
対応について
  • 地震、⽕事など⾮常の場合は、慌てずに会館職員の指⽰に従って⾏動し、
    避難誘導にご協⼒ください。
  • 施設や設備の状況をよく承知し、出⼊⼝・⾮常⼝・消⽕設備等の位置を
    事前に確認しておいてください。
定員と
場内整理について
  • ⼤ホールは1,334名(1階席972名、2階席362名)、講堂は机付のご利⽤で180名、椅⼦のみのご利⽤で360名が、定員となっております。
  • 定員を超えての⼊場はできません。各施設の定員は必ず厳守してください。
  • ⼊場時の⼈員整理、⾝障者の対応もお願いします。
原状復帰 ・ ゴミの
持ち帰りについて
  • 利⽤終了後は、備品等を原状に戻し、後⽚付け及び清掃をお願いします。
  • ゴミは利⽤者で責任をもってお持ち帰りください。
禁⽌事項について
  • 所定の場所以外での喫煙及び⽕気の使⽤は厳禁です。
  • 他⼈に危害を加え、また迷惑となる⾏為及び物品、
    ペットの持ち込みは禁⽌とさせていただきます。
  • 敷地内においての⾦品の寄付、募集及び無断での広告類の掲⽰、配布は⾏わないでください。
管理責任について
  • 施設の利⽤にあたっては、利⽤責任者を設け、設備・備品等を責任もって管理してください。
利⽤許可の
取消し等について
  • 次のいずれかに該当する場合には、利⽤許可を取消し、
    または利⽤の停⽌を命ずることがあります。
    (1) 条例、規則、許可条件に違反したとき。
    (2) 虚偽、その他不正な⼿段により利⽤の許可を受けたとき。
    (3) その他、公益上または管理上、特に必要があると認めたとき。