鈴木昭男&宮北裕美 ワークショップ「きいとりゃぁす」・「みとりゃぁす」

ふぅーふぅーとダンスを描いてみたり、ゆっくりと音を聴いてみたり、糸電話で実験してみたり……。きくこと・みること・つくること、新しい発見!

会場 中部公民館
4階 大会議室
出演者・
スタッフ
鈴木昭男(すずきあきお)
小牧市出身。'60年代より音の「自修イベント」を開始し、'70年に創作したエコー楽器などで演奏活動。'87年、コンセプチュアル・パフォーマンスで「ドクメンタ 8・カッセル」に出場した。 '88年、自然に耳を澄ますプロジェクト「日向ぼっこの空間」を遂行。'90年代からインスタレーションを手がけ、ベルリンで発表した〈巷に耳を澄ます〉「点 音(おとだて)」の作品を、世界各地に敷設している。Bonn市立美術館(独)、熊野古道なかへち美術館等で展覧会を開催中。

宮北裕美(みやきたひろみ)
ダンサー / アーティスト。兵庫県伊丹市出身。イリノイ大学芸術学部ダンス科卒業。「動かないダンス」と「モノそのものの動き」を追い続けてゆくうちに、即興パフォーマンスや視覚芸術の可能性を探り始める。愛知県芸術劇場(2014)、ザツキン美術館(パリ、2018)など、鈴木昭男と共にパフォーマンスを各地で上演。近年は身近なモノの動きをダンスと捉えたインスタレーション「Motion / Clip」(BLOCKHOUSE、東京、2018)や映像作品「Drift」(ArtisTree、香港、2018)などを発表。
その他
掲載情報
定員:30名(申込先着順)
対象:小学生以上(親子でご参加いただけます)
日付 2018年11月11日
開場時間 12:30
開演時間 13:00
チケット料金 300円
申込み・
お問合せ
申し込みは、電話・メール・ファックスにて、氏名・年齢・連絡先を(一財)こまき市民文化財団まで
※10月6日(土)より募集開始 

tel: 0568-71-9700 
fax: 0568-77-8207
mail: koza@komaki-bunka.or.jp
主催 (一財)こまき市民文化財団

カレンダーから探す